美容・コスメ

今年のレジスタントスターチ米の難消化性でんぷん3400mg検出!

 最近ドラックストアなどで漠然とダイエットや健康機能をうたう商品が多いですが、その商品にその根拠となる成分がどの位入っているかが大切です。ほとんどの商品がその根拠を出せないのではないのでしょうか。市川農場では必ずデーターに基づき商品を開発し、目的の成分データーに近づくために何年も品種を栽培し精米、製粉方法や加工も研究します。そして信用と知名度のある分析センターで分析し、そして公表します。

Img125_11
市川農場でレジスタントスターチ米の研究をしていますが、今年の検査でレジスタントスターチ米を炊いた状態での難消化性でんぷんが100g中、3400mg検出されました。

白米では700mgでしたが炊くと更にレジスタントスターチが高まるという事です。

これほどレジスタントスターチを摂取出来る食品はほどんどありません。それを毎日のごはんで食べられるのは最高です。レジスタントスターチごはんのパッケージには100gあたり700mgのレジスタントスターチと記載していますが正確には3400mgでした。近々訂正致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市川農場の「レジスタントスターチ米」がフジテレビスーパーニュース特集で放送


Burogu2_4
皆様お久しぶりです。先日フジテレビのスーパーニュースで市川農場が開発した体重抑制の効果が期待されている健康ダイエット米「レジスタントスターチ米」とそれを用いたパスタや麺について放送されました。

私は「ゆきひかり」米粉100%の加工品の開発研究をしていますが、もう一つの研究はお米で健康的なダイエットを可能にする研究も行ってきました。そしてお米を食べながら体重増加の抑制になり健康にも良いお米はどうすれば出来るかという結論はカロリーではなく、いかに体に吸収されないかという結果にたどり着きレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)の成分が高ければ体重増加を抑制し腸内環境にも良いことが分りました。最近は人工的に作られた難消化性でんぷんである難消化性デキストリンが含まれたトクホのコーラーなどが有名ですが、米のでんぷんに含まれる天然の難消化性でんぷんが高い米の加工品の研究開発を行ってきました。

Burogu1
レジスタントスターチは大腸の善玉菌(ビフィズス菌)の餌なので善玉菌も増え大腸の予防にもなり、まさに健康に良いダイエットです。ネットなどの情報ではレジスタントスターチはご飯を冷蔵庫に入れて冷やすとレジスタントスターチが含まれるという記事をたびたび目にしますが実際にはどれくらい含まれ

Burogu4_5
るか数字のデーターは出せないと思います。なぜならほとんど検出されないからです。私は独自でコシヒカリのレジスタントスターチを検査したところ機械で測定出来ないほどの量で検出は不可能でした。数字でレジスタントスターチの成分をデーターを示したのは全国初ではないでしょうか。

Burogu6
このお米と麺を販売するまで様々なデーターを取りました。毎日の食生活をお米を変えるだけで腸の予防にもなり健康なダイエットにもお役に立て頂けます。

Burogu3
日本のがんの第3位は大腸がんだそうです。大腸の予防にもなり不健康な炭水化物ダイエットをしている方には健康的なダイエットにも役立つお米です。私が毎日食べているので、素晴らしさが分るからこそ是非皆様にも食べて頂きたいと思います。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

経済・政治・国際 | 美容・コスメ