今年のレジスタントスターチ米の難消化性でんぷん3400mg検出!

 最近ドラックストアなどで漠然とダイエットや健康機能をうたう商品が多いですが、その商品にその根拠となる成分がどの位入っているかが大切です。ほとんどの商品がその根拠を出せないのではないのでしょうか。市川農場では必ずデーターに基づき商品を開発し、目的の成分データーに近づくために何年も品種を栽培し精米、製粉方法や加工も研究します。そして信用と知名度のある分析センターで分析し、そして公表します。

Img125_11
市川農場でレジスタントスターチ米の研究をしていますが、今年の検査でレジスタントスターチ米を炊いた状態での難消化性でんぷんが100g中、3400mg検出されました。

白米では700mgでしたが炊くと更にレジスタントスターチが高まるという事です。

これほどレジスタントスターチを摂取出来る食品はほどんどありません。それを毎日のごはんで食べられるのは最高です。レジスタントスターチごはんのパッケージには100gあたり700mgのレジスタントスターチと記載していますが正確には3400mgでした。近々訂正致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«250種類の残留農薬検査と放射能検査を実施しました。